育毛剤や薄毛対策などに関する情報をご紹介しております。



まつげ育毛剤を使用する前に

まつげ育毛剤についてお伝えいたします。
濃く長いまつげを育毛剤で育てるために、まつげとはどのような作用で抜けたり生えたりするのか理解しておきましょう。
まつげは、頭髪と同じく成長して抜け落ち、また生え始めるというサイクルを繰り返しています。
まつげパーマやまつげエクステをつけても効果は永続しません。
それは、まつげが新しいものに変わっているためです。
まつげは、毛の根元に集中して存在する毛母細胞の働きで新生します。
毛母細胞がまつげの育成の鍵となりますので、血流を向上させて栄養をどんどん送ります。
そうすると毛母細胞がどんどん分裂し、新しいまつげになって生えていくのです。
毛母細胞に異常があるとまつげが成長初期の短く弱い毛の段階で抜け落ちてしまいます。
一本一本の毛はかなり細いですが、3層に分かれています。
中心に毛髄質があり、外側に向かって毛皮質、毛表皮と続きます。
このうち、まつげに弾力を与えているのは毛髄質の部分です。
育毛剤で毛髄質に栄養を届けることによって、まつげにハリを与えます。
まつげにも髪と同様にキューティクルというウロコ状の表面があり、これは毛表皮に当たります。
毛皮質の部分はまつげのしなやかさを担っています。
パーマのあてすぎでまつげのキューティクルが傷んでしまうと、まつげは乾燥しやすくなり弱くなります。
キューティクルの部分がまつげ育毛剤によってフォローされることで、まつげはダメージを逃れハリとうるおいを保てるわけです。

まつげ育毛剤を使用する前に関連エントリー