女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い



女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いについて。
女性でも育毛を志す人が増えており、女性専用の育毛剤の需要も高まっています。
育毛剤に含まれるアルコールの量が、男性用と女性用の育毛剤の違いを作っています。
男性と女性では頭皮の状態が異なりますので、男性用は頭皮の洗浄に重点を置いているのに対し、女性用は保湿成分を多く配合し地肌に潤いを与えることを目的とされています。
薄毛の問題は、男性はホルモンバランスが理由と考えられていますが、女性の場合はホルモンバランスは主原因ではありません。女性の使う育毛剤にはホルモンに関わる成分は少ないですが、男性の使う育毛剤には男性ホルモンの働きを抑える成分が必要です。
男性ホルモンの抑制効果がない代わりに、女性向きの育毛剤は頭皮の保湿や年齢と共に欠乏しがちな頭皮の栄養を補うことが重視されているため、男性にはお勧めできません。
それ以外にも、男性用と女性用の育毛剤は匂いや使った感覚も違いますので、できれば異性用は使わない方がいいでしょう。
また、プロペシアという名の成分が配合されている男性用育毛剤は、女性や小さな子供は使ってはいけません。
プロペシアが付着すること自体、妊婦にとっては禁止です。
もしも妊娠中で、お腹の中の子供が男の子だった場合、経口や皮膚吸収で体内にプロペシアが取り入れられると、胎児の生殖器に悪影響があることがありますので、容器の破片にも触ってはいけません。
その点、女性用の育毛剤には、当然ながら女性に危険な成分は用いられておりませんので、安心して使用できます。

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い関連エントリー